にしてつ農園について

農業で西鉄沿線を活性化したい!

にしてつ農園

福岡県は豊かな自然に恵まれ、農業が盛んな地域であります。しかし、人口の高齢化が進み、就農人口が減少していくという厳しい現実があります。

そんな中、私たちは、農業を活性化させることで、地域を元気にしたいと考えました。 2015年 JA 全農と西鉄は、新規就農者支援を目的とする、新しい形での農業事業構築を目指して荒海に船出しました。

現在、にしてつ農園では、福岡県大木町で「博多あまおう」と、佐賀県基山町にてトマトを生産しています。

西鉄グループがこれまで築き上げてきた「安心・安全」と JA グループがこれまで築き上げてきた「美味しい」へのこだわりを融合させ、安全安心で美味しいを食卓へお届けし、地域にもっと「わくわく」を提供してまいります。

 

いちご農園について

いちご農園長メッセージ

いちご農園

いちご農園長 松永義治

「にしてつ農園いちご」は西鉄電車「八丁牟田駅」周辺の福岡県大木町にて栽培しています。いちごは、産地や品種によって、味や品質が変わってきます。ここ大木町は福岡県の南に位置し、豊かな水と温暖な気候に恵まれ、農業の盛んな土地です。にしてつ農園では、この豊かな風土を活かし、ブランドいちごの「博多あまおう」を、最新システムハウスで土耕栽培をしています。

私たちの畑では、いちご生産者の育成事業を行っており、農家を目指す研修生とともにいちごの生産・販売を行っています。土づくりはもちろん、手間暇かけて栽培したいちごを、ぜひご賞味ください。

 

2017年、福岡県大木町より「青年就農者育成」の功績を評され、
感謝状を授与されました!

感謝状
農園スタッフ
  • ・ 毎年3名程度の研修生を受け入れ、農業経営・生産技術を指導しています。
  • ・ 収穫量・品質など県内トップレベルの生産技術をもつ講師陣が指導します。
  • ・ 研修終了後の就農にあたり、独立に向けた農地・施設の取得、資金調達等を支援しています。
受入人数 毎年3名程度
応募資格 ・満18歳以上満43歳未満でいちご生産への就農意志のある方
・福岡県内にて就農可能な方
研修期間 6月1日~翌5月31日
指導者 JA全農ふくれん 主席技術主管
研修内容 基礎研修、基本研修、経営管理、就農研修、実地研修、交流体験
実績 2015年度 2名(独立)
2016年度 3名(独立)
2017年度 3名(独立)
2018年度 3名(研修中)
卒業生 8名(2015年~2017年度実績)

※ 2019年度研修生の募集は終了しています。
 

トマト農園について

トマト農園長メッセージ

トマト農園

トマト農園長 平井一秀

にしてつ農園とまとは佐賀県基山町にて栽培しています。毎日食卓で使う「トマト」だからこそ、天候に左右されず、「安定したおいしさと価格を提供したい」との思いから、私たちは最新のテクノロジーを駆使したハウスで品質にこだわった栽培をしています。トマトに心地よい環境で、太陽の光を存分に利用した栽培を行っています。
甘さと酸味が絶妙な「にしてつ農園とまと」をぜひご賞味ください!

 

佐賀県基山町と連携し、「にしてつ農園とまと」を活用した食育の取り組みを行っています。

地元の子どもたちに地元野菜を食べてもらいたい!
にしてつ農園とまとを活用して「食べることの大切さ」を知ってもらいたい!
私たちの強い思いから西鉄ストア等と連携し、食育の取り組みを行っています。

  • ・小学校・中学校給食へのトマト供給
  • ・トマトを活用した食育授業 (※2019年度開催を目指し、基山町と協議中)
  • ・農園での職場体験スクールの実施
にしてつ農園のトマト

 

2018年 基山中学校でのトマト試食会

2018年 基山中学校でのトマト試食会

温室の内部